地域を代表する強豪高校とメディア連携を開始しました

株式会社グリーンカードは2019年春より大会、大学サッカー、強豪高校において、それぞれ3つの新しい取り組みを開始いたしました。

大会についての取り組みはこちら
大学サッカー部についての取り組みはこちら

そして、地域を代表する強豪高校ともメディア連携を進めています。

高校サッカーと言えば、お正月の全国大会など表舞台は華々しいイメージがありますが、裏方では指導者や関係者の凄まじい努力で成り立っています。

土日なんて当然ありません。雨の日も雪の日も関係ありません。
寮があるところは持ち回りで監督やコーチ達が寮監をしたり、週に1度しか家に帰れない指導者もいます。
強豪高校は強化遠征も多いので、監督やコーチ達自ら何時間も運転し、夜中も寝ないでバスを走らせています。
給与もけっして高くありません。むしろボランティアに近いです。

親でも、多感な時期の子供を一人育てるのに四苦八苦するのに、わずか数人の指導者のみで数十人から数百人の子供たちの指導を毎日夜遅くまで見ていただいてるのです。
どれだけの熱量をもって日々子供たちと接していただいているのか・・・ 皆さんの想像をはるかに超えていると思います。

しかし、どれだけ指導者が頑張っていても、子供たちがサッカーに本気で打ち込める環境を作るための活動運営費は、常に不足している状況です。
全国の強豪高校もどこも皆同じような問題を抱えています。

こういった問題を解決させる為に、今回は沖縄の那覇西高校、佐賀の佐賀東高校、栃木の矢板中央高校、愛知の東海学園高校など、全国大会に何度も出場している地域を代表する強豪高校の協力を得て、各チームのオフィシャルサイトを作成し新しいチャレンジを始めました。

佐賀東高校サッカー部公式HP

Screenshot

※現在作成中です。

矢板中央高校サッカー部公式HP

Screenshot

※現在作成中です。

チームサイトは3つの目的を持って、運営していきます。

  • 1つ目は、選手の保護者の皆様、サッカー部のファンの皆様に満足頂くために、チームの最新情報をスピーディーに発信していきます。
  • 2つ目は、地域の高校サッカー全体を盛り上げる為に、自チームの情報だけでなく県内のあらゆる情報を積極的に発信していきます。
  • 3つ目は、選手の育成環境の充実化を目指し、慢性的な活動現場の資金不足を解消させる為、サッカー部を支援していただける、個人、団体、企業様を募集していきます。

今回の取り組みで、指導者や保護者の負担を軽減させ、
「保護者会」、「OBの皆様」、「地元企業」の協力を得られるような新しい仕組み作りを、ホームページを使ってチャレンジしていきたいと思います。

たくさんの人が集まるサイトにし、新しい仕組みが機能すれば、地元の高校サッカー界も盛り上がり、
選手の育成環境も少しずつ充実し、指導者の労働環境も改善される方向に進んでいくと思います。

各地域でそれぞれの成功モデルを作り、その形を全てのチームにも展開していき、いずれは、日本のアマチュアスポーツ界全体が抱えている問題解決に繋げていきたいと思います。

 

グリーンカードの想い

アマチュアスポーツは、少子化の影響、スポーツ離れ、コロナなどの疫病や温暖化の影響、指導者不足など、現在から将来に対してたくさんの問題を抱えています。

こういったリスクに対して今から出来る事、準備しなければいけない事を誰かがしなければいけません。

株式会社グリーンカードがその役目を担えるように、本気で改革していく強い気持ちを持って、
「DX」とか「IT」とかの言葉だけでなく、
現場で関係者と一緒になって日々課題解決に取組んでいきます。

アマチュアスポーツ界に新しい世界観を作る為に、ベンチャー企業だからこそできる挑戦とチャレンジを続けていきます。